Design Academia - 国公立デザイン系大学会議

九州大学芸術工学部とは

九州大学芸術工学部は、1968年にわが国で最初に「芸術工学」を教育研究する九州芸術工科大学として創立されました。開学時は4学科(環境設計、工業設計、画像設計、音響設計)でスタートし、1997年に芸術情報設計学科を設置して5学科となりました。その後2003年に九州大学と統合し、さらに2020年から、芸術工学科のみの1学科5コース制となり、学生の興味を基づいて修学可能な柔軟なカリキュラムを提供しています。
芸術工学部では、工学や技術に関する科学的な知識、人間や社会に対する深い洞察、そして創造的な芸術センスを兼ね揃えた設計家、あるいはデザイナーを養成することを目的としています。前身の九州芸術工科大学から「技術の人間化」を理念として掲げ、いかに技術を人間生活に適合させるかを教育してきました。
そして今日、IT技術の進歩とそれがもたらす新しい文化の形成、生産や流通の革新、生活様式の多様化、地球規模での環境問題など、設計やデザインを取り巻く状況は日々発展し続けています。デザインの対象が「モノ」から、「コト」、「ビジョン」へ拡大していく今、芸術工学部は、こうした状況に的確に対応できる豊かな教養を持ち、国際的にも通用する広い視野と学識を持つ、創造性あふれる人材を育成しています。

2021.2.22