Design Academia - 国公立デザイン系大学会議

全件

COVID-19とシンギュラリティによる新しい生活・働き方

COVID-19とシンギュラリティ 新型コロナウイルスの感染拡大により新しい生活、働き方が模索されています。岡山県立大学においてもオンライン授業を余儀なくされましたが、新しい生活様式とデザインを考えるにあたり、人工知能が […]

Read More

2021.7.2

変化を続ける社会に対応する

秋田公立美術大学は、1952年に秋田市が設立した工芸学校を前身として専門学校から短大へと成長を続け、2013年に4年制大学として開学しました。今年で開学して8年を迎えたところですが、その歴史は約70年と古く、それぞれの時 […]

Read More

2021.7.2

新型コロナウイルス対応キャンパスライフ創造月間

札幌市立大学デザイン学部では、前期授業の後半から一部再開した対面型授業を学内で安全に過ごすことができるよう、新型コロナウイルス対応キャンパスライフ創造月間(6/29~7/31)を設定しました。学生の登校を再開するにあたり […]

Read More

2021.7.2

複数組織の教員が協働して運営する横断型教育

筑波大学の芸術組織は、筑波大学創立の1年半後の1975年に活動を開始しました。当初より、教育組織と教員組織を分離しており、学部課程の芸術専門学群と芸術学系が最初に組織されています。さらに,大学院は独立修士課程の芸術研究科 […]

Read More

2021.7.2

プロダクトデザイン系における遠隔授業への取り組み

千葉大学では、新型コロナの感染拡大防止に対する全学の方針として、授業開始を5月7日に遅らせました。また、学生によっては通信環境、コンピュータ環境が十分に準備できない可能性があるため、同時双方向型の授業は行わず、大学が運営 […]

Read More

2021.7.2

多彩なデザイン領域と高度な工学領域の融合

当学科/学域は、理工系学部・研究科の中にあるデザインコースとして、またプロダクト系とメディア系の幅広いデザイン分野が共存する学科として、世界的にも非常にユニークな存在です。 学部の最大の特徴は、次世代や近未来の実現を目指 […]

Read More

2021.7.2

インダストリアルアート学科におけるcovid-19チャレンジ

2020年2月後半から始まったcoivd-19の影響により、まずは各研究室でのゼミが適時オンライン化されました。すでにインダストリアルアート学科(以下IA)ではiawiki(wiki形式による学科情報集約Webサイト、以 […]

Read More

2021.7.2

工芸美術の継承発展と、地域の文化と産業の振興を目指して

金沢美術工芸大学は、1946年、戦後の混乱と虚脱のなか、学問を好み、伝統を愛し、美の創造を通じて人類の平和に貢献することを希求する金沢市民の熱意により、工芸美術の継承発展と、地域の文化と産業の振興を目指して創立されました […]

Read More

2021.7.2

金沢美術工芸大学の「コロナ・新しい生活様式とデザイン」の取組み

遠隔授業導入へ 金沢美術工芸大学は教育に関する活動指針の中で「手で考え、心でつくる」をモットーに掲げた教育を進め、少人数による、対面での教育を大切にしてきました。遠隔教育とは距離を置いてきたとさえいえる本学ですが、今回の […]

Read More

2021.7.2

現代社会で生きるデザイン力を身に付ける

静岡文化芸術大学は、文化政策学部とデザイン学部、文化政策研究科とデザイン研究科の2学部2研究科で構成される公立大学です。2000年に静岡県と浜松市、地元産業界が協力して運営する「公設民営方式」の私立大学として開学しました […]

Read More

2021.7.2

2020年度のデザイン系授業方針

遠隔授業におけるシステムの有効性 本学では2020年4月17日に、前期授業は5月11日から8月7日までの期間、全て遠隔授業で実施する方針を定めました。学内の情報設備を活用するため、全学部原則として学習支援システム「man […]

Read More

2021.7.2

ソーシャルインタラクションデザインの実践

現代社会の直面する諸問題の特徴は、単一の技術あるいは思考アプローチでは解決できない複雑性にあります。問題現象の底流にある真の構造を見抜き、さまざまな技術を編集して新たな課題解決を提示する「デザイン思考」が今社会では求めら […]

Read More

2021.7.2

コロナウィルス後の未来をデザインするオンライン・ワークショップ「(Re)generating Japan ── コロナウィルス後の新しい「新しい生活様式」を思索する」

京都工芸繊維大学KYOTO Design Labではコロナ禍により当初計画していたさまざまなプロジェクトが中止、延期になる中で、遠隔のワークショップやレクチャーなど、新しいコラボレーションのありかたを開拓する取り組みの一 […]

Read More

2021.7.2

豊かな生活と新たな文化価値を創造する

岡山県立大学デザイン学部は全国で最初にデザインの名を冠する学部として設置され、デザインの専門教育および研究を担い多くのデザイナーや専門職、研究者を輩出してきました。その実績を踏まえつつ今後のデザイン学部は、実学の体現者と […]

Read More

2021.7.2

希望と共感のデザインを目指して

名古屋市立大学芸術工学部と芸術工学科は、広い意味でのアーキテクチャ、すなわち設計や構想を研究・教育の柱に据え、人間や社会への共感と未来への希望を築くべく、諸学問を統合場を提供しています。名古屋市立大学は、医学・薬学・経済 […]

Read More

2021.7.2

対面型と遠隔型を組み合わせたハイブリッド授業

名古屋市立大学芸術工学部では2020年度前期の授業を、対面型と遠隔型を組み合わせたハイブリッドにて行い、3つの授業パターンを設定しました。第1のパターンは、1つの授業クラスを2つの教室に分け、一方の教室で教員が講義し、も […]

Read More

2021.7.2